更年期による身体の不調を和らげる食事

更年期になるとほてりやのぼせ、イライラ、憂鬱など、心身に様々な不調があらわれる更年期障害を発症する人が少なくありません。症状の度合いには個人差がありますが、医療機関で治療を受ける方法もあります。しかし、食事で身体の不調を和らげる栄養素を摂取することもできます。
更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少することで、ホルモンバランスが乱れて引き起こされます。このホルモンバランスの乱れが視床下部にある自律神経に影響し、自律神経症状であるほてりやのぼせ、発汗などの症状があらわれます。これらの身体の不調を和らげるためには、ホルモンと自律神経に作用する栄養素を食事から摂取することが有効な方法です。
ホルモンに作用する栄養素には、ビタミンEや亜鉛、大豆イソフラボンなどがあります。ビタミンEは、ホルモン分泌器官に多く含まれており、ホルモン分泌調整作用があります。血行を良くする働きも期待できるため、更年期障害の症状であるのぼせや冷えなどを緩和する効果も期待できます。更年期障害は、エストロゲンの減少によって引き起こされるため、エストロゲンに似た作用のある大豆イソフラボンを摂取することは有効な方法です。大豆イソフラボンには、めまいやほてり、のぼせ、骨粗しょう症の予防などの不調改善に対して効果が期待できます。大豆イソフラボンは、豆腐や納豆、味噌などの大豆製品から作られたものに含まれているため、日替わりなどで摂取しやすい栄養素です。
自律神経に作用する栄養素には、ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンCなどがあります。特に、ビタミンCは、ストレスに対抗して身体を守るホルモンの材料となる栄養素のため、イライラなどの症状緩和に対して有効とされています。ビタミンCは、イチゴやレモン、ブロッコリー、ホウレン草などに多く含まれています。
ビタミンCなどの水溶性の栄養素は、過剰に摂取した分は、尿とともに排出されるようになっています。できるだけ自然の食品からとることが理想ですが、毎日補給することが重要になるため、忙しい時には、サプリメントなどをうまく利用することです。
更年期の食事では、これらの有効な栄養素が含まれた食材を取り入れることは大切ですが、基本的には、1日3食バランスよく適量を食べるようにすることです。偏食や食事抜きなどの不摂生な生活は、自律神経を乱しやすい為、規則正しい生活を心がけます。http://更年期サプリおすすめランキング.com/